« 春風迅速 | トップページ | 枝垂れ桜 »

2010年3月27日 (土)

おぼろ月夜

100314imgp23511_thumb_mimoza O氏・ミモザ。春一番の色ですね。お天気お姉さんの詩織ちゃんは、ミモザ色のスカートに桜模様のハーフジャケット?を着ていました。グリーンのスカートにミモザのブラウスがお勧めだが・・・。

◆わが家はポンサレックを応援。身贔屓であてにならない実況・絶叫は音声ゼロに絞る。カメタは血に染まって声もなし。

◆「春に三日の晴れなし」とか。今宵はおぼろ月夜。菅原孝標女の歌に

   浅みどり花もひとつにかすみつつおぼろに見ゆる春の夜の月

こんな時、わがこころは紀貫之の歌に通ず。

   わが心春の山辺にあくがれてながながし日を今日も暮らしつ

しかし、寂蓮法師の寂しい気持も察しなければならない。

   今はとてたのむの雁もうちわびぬおぼろ月夜のあけぼのの空

義父の俊成は十分にそのこころを理解し、合わせ詠う。

   聞く人ぞ涙は落つるかへる雁なきて行くなるあけぼのの空

良経は友情出演。秋になったらまたいらっしゃいよ、と言って励ます。

   忘るなよたのむの澤をたつ雁も稲葉の風のあきのゆふぐれ

100314imgp23871_thumb_hakumokuren O氏・はくもくれん。前日のO氏アドレスで拡大してください。

◆ エミ太郎は貧血のため「ふらふら犬」状態は変わらず。体重がどんどん落ちてゆく。

◆花ゲリラは紅花の種を埋めたあたりを検証。あちこちに芽が出ている。なかなか強いものだ。が、埋められない場所では、遠くから撒き散らしたところ、たちまち鳩のつがいが見つけて、「ヤッター」とばかり、拾い啄んでしまった。消化せず糞としてばら撒いてくれたら、とんでもないところで芽を出すかも知れない。

|

« 春風迅速 | トップページ | 枝垂れ桜 »